降圧剤ってぶっちゃけ必要?

日本の国民病ともいわれる高血圧ですが、医療機関等では降圧剤と呼ばれるお薬を処方されることが多いです。ですが、ほかにも高血圧を解消する方法はたくさんある中で降圧剤を使うというのは一番いい選択なのでしょうか?

肺症や抗がん剤副作用にも高血圧があり降圧剤を使える

肺症として高血圧があります。また肺症による高血圧にも使える降圧剤も多いですので、医師と相談して降圧剤を使ってください。また抗がん剤副作用としても高血圧がでることもあります。基本的には血圧が低下することが多いですが、使用する抗がん剤によっては抗がん剤副作用ができますので注意してください。高血圧と併発している場合は抗がん剤副作用の方を重く見て、抗がん剤の投与が中止されることもあります。よく観察しながら服用するようにしましょう。肺症とともも命に関わる病ですので、血圧測定はかかせません。

高血圧に悩まされている日本人の数は非常に多いです。もともと日本食が塩分が高めの食事も多いことから高血圧の患者さんが多いと言われています。また高血圧になると、動脈硬化になることが多いです。動脈硬化になると体に様々な影響を与えます。また高血圧は心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる病気を引き起こすこともあります。決して軽視することができない症状です。しかし降圧剤を用いることで、日常生活を送ることができますので、積極的に治療を行いましょう。

治療としては、軽度、中度、重度とあり、それぞれに治療方針が異なっています。軽度であれば食事制限をすることで改善することもありますので、比較的治療がしやすいと言えるでしょう。中度や重度となると降圧剤が必要になります。高血圧は症状が収まるまで、降圧剤を服用しなければなりません。特に重度の症状がある場合は、常に服用し続ける必要があります。しかし最近の降圧剤は、1日1回服用すれば良いという医薬品もありますので、飲み忘れを防いでくれます。飲み忘れることのリスクが高い症状ですので、このような医薬品は患者さんを助けるでしょう。